初めての☆ジュニアテニススクール

home > ジュニアテニススクールの豆知識 > ジュニア世代の可能性はトレーニングで決まる

ジュニア世代の可能性はトレーニングで決まる

 スポーツの世界では空前のテニスブームが起こっている中で、大人よりもジュニア世代を育てることができるスクールも盛況になっています。
しかし、選び方を間違ってしまうと将来に響くだけではなく嫌いになってしまいかねないので、どのくらいのレベルなのかを把握することです。
特にスクールでは初心者向けから上級者向けがありますが、ジュニアでは体の作りも違いますので、色々な面で気を使わなくてはいけません。
子供は環境によって伸びるかどうかが大きく影響しますし、何よりもモチベーションという意味では保護者の方の援助がなくては続けることができないです。
テニスだけではなくスポーツのジュニア世代では、子供だけで上達するのではなく両親も興味を持って一緒にチャレンジする意識があることで楽しく過ごせます。

 テニススクールでは楽しくしたい子供だからといって、ウォーミングアップやクールダウンをおろそかにすることはありません。
ウォーミングアップの目的としてはランニングやストレッチで筋肉を温めることで怪我の予防を促すことができるのと、反射能力などの神経経路にも影響を与えることができるのでとても大事です。
激しい運動の怪我の予防ということでストレッチなどは、関節を支点として数秒間伸ばすことで関節可動域を広げることができます。
またダッシュやターンなどの体の使い方もやっておくことで、様々な動きに対応できるように脳が働くようになり動きやすくなります。
子供に合ったテニススクールを選びたい時には、しっかりとウォーミングアップをやっていて怪我の予防につとめているところがベストといえます。

 トレーニングシステムが整っているテニススクールでは、カリキュラムが充実していることで初心者から無理なく始めることができます。
ただ間違えてはいけないのは体が大きいからといって強いボールを打てるわけではなく、しっかりと体幹を意識した体の使い方ができているかも考えなくてはいけません。
そのために子供同士でボールの打ち合いをすることには、小さな子供でも強いボールを打ち返すことができるようになります。
そして球技というカテゴリーの中でもテニスは動体視力のレベルが左右するスポーツなので、常に目を鍛えて動体視力を働かせることは大切なことになります。
こちらもジュニアのレッスンとして、動体視力トレーニングを取り入れているところだと、スムーズに上達をして自分に自信が持てるようになります。

ページトップへ